ちょうど2月の上旬に節分祭に合わせて京都へ家族旅行へ行きました。
まだまだ寒い時期なので、防寒具とベビ子の荷物で
いつもよりも荷物が多いなか出発~^^
ベビ子とは2回目の旅行★
前回は12月の真冬の箱根へ行きました。(こちらはまた後日アップします。)

今回もかなり寒い中の遠出なので心配でしたが
京都の街中を散策する感じだったので、お店も沢山あるし
休憩所の確保は大丈夫でした。

が、しかし、赤ちゃん連れ特有のオムツ換えの場所や
食事の際のお店選びは下調べがあまりしてない状態での出発だった事もあり
その場で情報収集して動いてたので結構ロスが多かったような気がします。

その頃離乳食は後期に差し掛かっていて、椅子に座って食事をしていましたが、
スプーンはまだ全然上手く使えないので、手づかみ食べがメイン。
なので、子供用の椅子はマストで欲しかった感じでした。

京都の街中はお店は多いけど、店内は狭いしベビーカーのままでは入れないお店が殆ど。
お座敷かベンチシートがあるお店を、入口まで入って確認してから選んでいました。
トイレももちろんオムツ替え台がついていないお店が多くて、場所が見つからない時はおむつ替えは車でしてました。

看板に、ベビーOK的なアイコンがあると嬉しいですね。

いざっ節分祭はというと、
各所の神社やお寺さんでイベントが開催されていて
特にすごいなと思ったのが、無料の振る舞いサービスが
これまで経験した物と比べると豪華でした!

八坂神社では福引イベントがあって
その場で景品と交換したり、
他の神社は結構大きいぼた餅や、京都なので八つ橋、甘酒等を
振舞っていたので、何件かハシゴして神社を回ると
ソコソコ小腹は膨れるかなと感じました、それくらい満足感のあるイベントでした。
アラフォーになるまで京都でこんな楽しいイベントがあるなんて
全然知らなかった…。 なんて勿体無い事をしてたんだろう><
イベントに合わせて舞妓さんの舞も見れたりして、日本らしさも感じられて街を歩き回るだけで
満足できる旅でした。

そういう人が集まる所にベビ子を連れて歩いてると、よく声をかけれるのですが、
今回もすれ違ったおばあちゃんに声をかけられて
「おやっ可愛い坊やだね~^^;」と、、すかさずパパが「娘です」
おばあちゃん「えっ!?マジで!?すまんなぁ!」と去っていきましたww
「マジで!?」って言葉にビックリした記憶があります(笑)


ベビ子の休憩タイムとか考慮すると1日じゃそんなに回れないので
2日かけて見て回りました。
大きな神社だと出店も沢山出てて、お祭り騒ぎです^^
縁日の雰囲気は大好きなので、見て食べて満足!って感じです。

今回はママとパパだけが楽しんでしまったので
来年は来れたらベビ子も一緒に楽しめるといいなぁ

SPONSORED LINK