離乳食後期になるとついに朝、昼、晩と3回食です。
ミルクの回数はグッと減りますね。
すると気になるのは水分補給なのですが・・・
この頃はジュースの美味しさに目覚めて、ストローの使い方が格段に上手くなりましたw

お出かけの時はマグのお茶以外に、パックジュースを持って行くのがお決まりでした。
この時すでに歯が上下合わせて8本生えてたので虫歯には気をつけて
ジュースの後にはお水を飲ませたり、夜中のジュースや柑橘系のフルーツ等も食べない様にしてました。

同じ食器を使わないとか色々気をつけていましたが・・・
保健所で歯の検診を受けた時に虫歯菌がいるかどうかをチェックした所
「虫歯菌多い」の結果に打ちのめされました。。。あんなに気をつけてたのに。

肝心の離乳食の方ですが、どうもすべて自分で作るとなると
ワンパターンの料理から抜け出せなくなってきたので、
私はレトルトにかなり助けられていました。

レトルトに他の野菜やお肉を混ぜて栄養をプラスしたり、
牛乳を加えてクリームシチュー風にしたりと
レトルトにアレンジを加えたメニューも足すと
味付けの幅も自然と増えて良かったと思ってます。

いくら和風が身体に優しいとはいえ、たまには洋食や中華風の味付けも
経験して慣れていかないとね~

レトルトそのままだけではなんだかな~とお考えの方は
一手間のアレンジを加えるだけで時短にもなりますし、オススメです♫

あと、後期から手づかみ食べをさせてみました。
ご飯系はまだ力加減ができなくて上手く掴めなかったので
比較的掴みやすい、人参、大根を柔らかくゆがいて、あとはフルーツをカットして食べさせてました。
正直、少し野菜や果物といったある程度硬さのある物で掴む力加減を覚えてから
一口おにぎり状にしたご飯を掴ませると良いと思いました。
正直、ご飯を握りつぶして腕をブンブン振られると、米粒がいろんな所に飛び散って
掃除が大変!

離乳食後期の終わり頃が、保育園入園の一か月前だったので
その頃からスプーンを握らせて食べさせるようにしました。
自分で上手くお口まで運べないので、誘導してあげて食べさせてましたね。
そうする事で徐々に自分なりにコツを掴んでくれるようになりました^^
コップは前から練習してたので、飲む事自体は出来ていましたが
自分の両手で持って飲む練習をしました。
保育園に向けて他のお友達も家で練習してるハズなので
ベビ子もなるべく周りについていけるようにしてあげたい一心でした。

離乳食後期は振り返ってみると、食べる、飲む、道具を使う事が格段に上手くなった時期でもありました。

後片付けとか考えると億劫になりますが、新聞紙を引いて床にこぼれても良いようにしておけば
あと片付けも楽になりますし、赤ちゃんに色々と経験を積ませてあげたら
その分、吸収して自分でできることが増えていくので、とても嬉しいです♫

SPONSORED LINK