ついに、この日がやってきました。。。

「保育園落ちた、日本死ね」の呟きが話題になった翌年
私も保育園を探す事になりました。

あの呟きから国は保育園対策に乗り出してると報道されていましたが
1年でどれほど変わったのか… 

幸いにも家の周りには保育園は割と沢山ある方なので、
なんとかなるかなぁ~なんて緩く考えていました。
しかし、その考えは保育園見学に行くと脆く崩れるとはその時の私には
知る由もなかったのです。

まずアクションを起こしたのは
7月の中旬から区役所の民生子供課に電話して
来年4月入園の申し込みの日にちの確認をしました。

申し込みの前に候補の保育園の見学をして申し込みをするみたい(知らなかったww)
なので、通えそうで雰囲気の良さそうな(ママ勘)保育園に片っ端から電話して
見学の予約をしました。
4月入園の予定だと見学したーいと思ったらすぐにOKじゃないみたいで
ある程度纏まった人数を同じ日に集めて見学会を開くそう。(確かにそっちの方が効率いいよね♫)
多分20人とか30人くらいなんだろうなと、これでも多めに考えていました・・・が!!!
大体の保育園では9月10月で纏まった人数の見学会が開かれてます。(地区によっては違うかも?)


100人規模の保育園で 4月入園の1歳児募集が10名 0歳児8名 (その他は数名)の枠に対して
なななななんと! 80人~100人くらいのママさんたちが集結!!
かなり驚きました。 でも待機児童や保留児童の話を考えると
入れない園児が多いのは事実。  これが現実なんだぁと重く受け止めました。

ですが、保育園は他にもまだまだ沢山あるし!
ここの保育園が人気だったから人が多いのかも、と思うようにしてました。

結果的に全部で回った保育園は 15園くらいかな?
ほぼ全部の保育園では見学会の日程を分割しないとさばけないほどの
見学希望者が集まってました。
恐るべし、競争率!!

区役所での面接が10月末にあったので
書類を持ってドキドキしながら行ってきました。

本来なら第一希望の保育園が設定する面接日に、直接保育園へ行って面接するそうですが、
あいにく日程が合わず、区役所へ申し込みへ行きました。

区役所に着くと、ほんとに今日面接日だったっけ??っていうくらい静かで
部屋に入ったら職員が二人ちょこーんと座っていて
それ以外には誰もいませんでした。 貸切状態ですww

面接を始めて書類を見てもらった後の第一声が、

職員「この内容では加点が少ないので希望の園に入園するのは厳しいですね。。。」

私たち「えええっ!!!?」

職員「もし旦那さんや奥さんのお仕事で出張がひと月に何回かあるのでしたら、
   その点も記載して下さいね。加点になりますから」

やっぱりかぁ~・・・
お互いの両親はそばには住んでいませんが、どちらも働いているので保育はできない状況で、
フルタイムで働いてるだけなので、厳しいみたい。。。
他に兄弟が居る場合は加点が入るし、持病や両親の介護等・・・それぞれの家庭の事情によって
加点の状況は変わるそうです。


とりあえず私の方は出張はそこまで頻繁にはないけれど、
夫側は出張が多いので、頂いたアドバイスに沿って書類を修正して後日提出しに行くことになりました。

また会社側とやり取りしないといけないですが、合格率を上げる為の苦労なら厭わない!

SPONSORED LINK