ノンストップ育児★働くママの 呟き

晩婚&アラフォーの働くママが初めての育児に奮闘して感じた事、経験して気づいた事を備忘録として日記にしました。 そのうち育児絵日記にして行けたらと思っています^^/

2017年11月

生後6ヶ月くらいまでは引きこもり生活が続いていたので
絵本の読み聞かせは毎日の日課になっていました。
0歳児の頃は見てくれているけれど、そこまでリアクションとして返ってこないので
かなり一方通行な感じでした。
でも、逆にある程度じっとして見ててくれるので読む側としては
やりやすかったですね~今思えば。

その当時は英語の絵本と日本の絵本を混ぜて読んでいました。
特にヘビロテで読んでた絵本はこちら

■英語の絵本
「Brown Bear What Do You See?」
これは見開きでクマ、あひる、馬等の動物が大きく描かれていて
しかも動物ごとにしっかりと色分けされててカラフルなので、見易かったのか
お気に入りで今でも「はい、どーぞ」と私に手渡して読んでアピールをします。
動物ごとに鳴き声もアレンジでプラスして読むと、ウケがいいですww

「a bit lost」
巣から落っこちた子供ふくろうが森の中で迷子になり
リスさんにママを探してもらうお話です。
ふくろうかママの特徴を聞いてリスが探すんですが、
途中で大きなクマやウサギ等が登場するページがあって
さっちゃんはそのページが大好き!
まだ6ヶ月頃くらいまでは絵本をウマウマ♫とかじって
食べていましたww

絵のタッチはシンプルで可愛くてとても読みやすい構成です。


■日本語の絵本
「いない いない ばあ」
これは鉄板で笑いますww
とはいえ、月齢が低すぎるとまだ伝わらないけど
1歳近くになると、いないない~ と言っている間に我慢できなくなって
さっちゃんは爆笑しちゃいます。


「スイミー」
こちらは英語、日本語両方ありますが基本は日本語で読み聞かせしてます。(理由英語が苦手だからw)
スイミーという一匹だけいる黒い魚のお話ですが、
見開きの中に必ずスイミーが一匹いるので、さっちゃんに「スイミーはどこ?」と問いかけると
スイミーを指差して「ここー」みたいに話しかけながら読み聞かせをしています。
最初は無反応だったけど、1歳越えた辺りから「ここ」という言葉を覚えてから
指差してくれるようになってくれました。

フルタイムで働いているので、だいたい会社上がりが18時。
そこから定時ダッシュをしても、18時30分に保育園到着。
ちょうど夜のおやつを食べてる最中になります。

大体、上のクラスのお友達と一緒に食べる事が多いので
周りが食べ終わってもさっちゃんはゆっくりとおせんべいをかじっていますww

その間に帰る支度をササッと済ませて、
先生に挨拶をして、歩いて5分くらいの場所に車を停めてあるので
そこまで抱っこしてテクテク。。。
9月中旬以降からは暗くなるのも早くなってきたので
さっちゃんも怖がって歩かないので、毎日抱っこです^^; 11キロお、重し。。。

どう頑張っても家に着くのは19時以降になるので
それから料理スタートとなるハズなのですが…
最近はすぐに台所へ入ると「だっこ、だっこがいいー!」とグズるので
一緒にお歌を歌ったり、布団でゴロゴロしたりしてさっちゃんの充電が完了してからww
料理スタート! もう19時半!!

とある献立↓

冷凍しておいた人参、ほうれん草の荒みじん切りをレンジでチン♫ 
⇒離乳食で使ってた小分けパックに詰めて冷凍!
 
その後、冷凍ご飯をレンジでチン♫
冷凍じゃがいも野菜おやきをレンジでチン♫ 
⇒レンジで蒸したじゃがいもをすりつぶして、
 茹でた人参、ほうれん草(もしくは小松菜)をみじん切り
 それらを混ぜ混ぜしつつ、塩コショウを軽くぱっぱっ、片栗粉を適量
 手でおやき型に丸めてフライパンで焼くだけ^^

その間、お湯を沸かして、玉ねぎをみじん切りしておいて
そして、フライパンで炒り卵~

フライパンに人参ほうれん草とご飯と卵で野菜卵チャーハン
※アレンジとしてここに納豆も入って納豆炒飯の日もアリ。
お湯に出汁パックを投入!、弱火でグツグツしたら取り出して
そこへ玉ねぎみじん切りをグツグツ~♫
味噌を溶かして、豆腐を入れてお味噌汁完成!

と、こんな感じで冷凍で下ごしらえをしておいてあるので
ほぼチン♫して炒めたり、混ぜたりするだけで完成

汁モノと生野菜(トマトや葉物野菜)は毎食用意してますが…

ブロッコリー、人参、かぼちゃも手づかみサイズに切って茹でて冷凍しておけば
レンチン♫で付け合せ野菜が完成♫

我が家はレンジは無くてはならないモノになりました^^;ははは

保育園ではバランスの良い食事がしっかりと提供されてるので
その点で救われているような気がしています。
時短でももっと工夫できないか模索中です><

楽しみにしていた保育参観日がついにやってきました~

生まれてからずっとさっちゃんを見てきた私としては、
家の外ではどんな感じで生活してるのか興味津々だったのと
同じクラスのお友達の顔や、両親をマジマジと見る機会はほぼ無いので、
(お迎えが大体最後の方で、他のお友達を見る事がないのです><娘よスマヌ・・・)
だから今回のイベントは本当に楽しみにしてました!

周りのパパ、ママを見てみると割と30代が多い印象。。。
ほっと一安心でした^^;
さすがに20代ばかりだと…無意味に子供に対して申し訳ない気持ちになっちゃいそう。
自分の見た目が年齢相応・・・いや、それ以上に年を感じているので、気にしてしまうんですww
やっぱり出産後の肌の感じとか髪質、量共に一気に老けてしまった感じは否めないので^^;ははは。。。
パパが気を使って肌に良さげなクリームとか定期便でそっと買ってくれたりしてるので、
申し訳ない。。。
働くママとしては、少ない時間でも効果的な時短エステを何かやらねばっ。

と、話題がかなり逸れてしまいましたね(笑)

保育園はまず出席から取り始めて、
「●●ちゃーん」「はいっ」って言える子と、言えない子とマチマチ。
まだ保育園始まって2ヶ月だしね^^;それにパパとママが居てていつもと雰囲気だいぶと違うから
子供も緊張してるみたい。
月齢が高い子はそんな状況でも割としっかりとお返事はできていました。

さっちゃんはこの時まだ1歳2ヶ月ほど。。。
お返事できるかなー?と少しだけ期待しましたが。。。
やっぱり無理でしたww^^あはは~

その後は、手遊び歌や絵本を呼んで子供たちも楽しくしてました。
歌になってる絵本の時はみんな凄く楽しそうでした。
さっちゃんもまだほかの子みたいに言葉が出ないけど
「あー、うー」とかでリズムに合わせて声を出して歌っていました。
保育園で、こうやって手遊びや絵本を読んでるんだなーと。。。

とても勉強にもなりましたし、家で時折リズムをとって謎の声を出してたけど
元の歌がわかったので、それからは一緒に歌ってあげています。

保育参観は予想以上に楽しむ事ができました!!
来年もいくぞー(。`・∀・´)⊃

朝から夜までの生活リズムが段々見えてきました。

朝はまだ、1歳1ヶ月頃まで2回授乳(早朝と寝る時)してたので
朝がメチャ早いんです。。。

4時~5時の間で一回授乳。もっと早い時は3時とか…OTL

※保育園の準備は前の晩に済ましておく

5時半
洗濯物がある時は干す
ママ 朝シャワー

6時
離乳食の用意を開始 (朝ごはんはフルーツ、ヨーグルト、チーズ、パンが鉄板。我が家は朝はパン派なので)
ママ 軽く朝ごはんと着替え

7時
さっちゃん起床して、朝ごはん

7時40分
パパ起床 そのままシャワーと着替え
ママ メイク

8時
さっちゃん着替え

8時10分
保育園へ出発 車で一緒に出発します。私は道中の駅で下車。

9時~18時まで仕事


18時30~19時00
の間に保育園へお迎え

19時30 
家に到着
すぐお風呂掃除とお湯はり
到着後少しさっちゃんと一緒にゴロゴロして、料理開始!
   
20時  
さっちゃん 夜ご飯

20時30
さっちゃん 歯磨き&お風呂

21時00~30分
さっちゃん 添い寝
※早いとパパがこの時間に帰ってきてさっちゃん目覚める・・・「ガチャっ・・・ パパ?」

21時30~22時
さっちゃん 添い寝失敗の時は、パパとママ一緒に添い寝タイム

22時~23時
パパ、ママ夜ご飯

23時~
お風呂、YOUTUBEタイム

24時~25時
就寝

そして朝4時or5時に目覚める・・・って私寝てる時間3~4時間じゃね??

特に4月までは授乳があったので、朝が毎日早くて
頭が半分以上動いていなかったような気がします。

でもなんだかんだで、このスケジュールでほぼ毎日ママ業と主婦業こなしてますww
やってみるとなんだかんだでやれるのですが・・・
お肌の老け具合が半端ないんですけど>< ママと主婦と女として
やるべき事が多すぎて、女の部分がおざなりになってる様な気がします。。。トホホ

いよいよ始まります。フルタイム保育園生活が…

とはいえ、最初の3週間は慣らし保育期間で
特に最初の数日間は1時間からお昼ご飯までしか預かってくれないです。。。
我が家の対応としては、私の親がその間だけ休みをとってくれたので
慣らし保育期間は親を頼らせてもらいました。
なので、職場復帰スタートからフルタイム働けることができました。。。ほっ…

朝はパパが送ってくれて、お迎えはじいじ、ばあばという生活が
3週間ほど続きました。
なんだか私だけ楽させてもらって申し訳ない気持ちでしたが、
頼れる家族がそばに居るって改めて嬉しく感じました。

さっちゃんは、というと
予想通り、最初の週はほぼほぼ泣き続けていたみたいで
朝のおやつも食べられず。。。という状態でした。
元々、警戒心が強い方なので環境と人に慣れなきゃいけないので
相当ストレスになってるかと思います。
私でも、見知らぬ場所に一人だけ置いていかれて
知らない人達に囲まれて同じ事をしないといけないって・・・
かなりストレス感じてしまいます。。。
そんなに、社交的な性格でもないのでね・・・^^;

これが、我が子を預ける時に感じる後ろ髪引かれる気持ちという
やつですね。。。
我が家の場合はそれはパパが担ってくれていますが。

その分、帰ってきたあとは私がしっかり甘えられる様に相手をしていました。

最初の1週間頑張った後、早速お熱が出てしまって
数日お休みをするとまたリセットがかかってしまって
預けた途端にギャン泣き・・・OTL

そんなこんなでトータルで3週間かかってしまった感じです。
子供の性格は人それぞれなので、そんなにかからずに慣れてしまう子も中にはいますが
さっちゃんはゆっくりと慣らしてあげたかったので、
結果的にはよかったです。

でも、これが出来たのも親や家族の助けがあったからこそだと
思っています。

フルタイムになると、どうしても19時近くにお迎えになってしまうけど
生活の為と働いていたい限りは頑張るしかない!!と、産む前から決めていました。
この辺はみなそれぞれ考え方があると思います。

私の場合、育休の時に毎日子供のそばに居られて幸せと思いながらも
毎日夜遅くまでパパを待つ生活を送ってみて、やっぱり外で働いている時間が欲しいと思ったので
私が働けるようにパパにも協力してもらっています。
幸いにもパパも私には働きたいなら協力すると言ってくれているので、まだ気が楽です。

まだ1歳児だからそこまで自我が出ていないけれど、
もしもこの先、ママとの時間がもっと沢山必要になりそうならば
働き方は考えるつもりではいます。

今は、新しい生活に慣れる事を一番に考えて
頑張っている感じです。

↑このページのトップヘ