ノンストップ育児★働くママの 呟き

晩婚&アラフォーの働くママが初めての育児に奮闘して感じた事、経験して気づいた事を備忘録として日記にしました。 そのうち育児絵日記にして行けたらと思っています^^/

2017年11月

冬になると鼻水が多くて困りますね。
10月から鼻水がずっと続いてしまい、今月もまだ止まりません。
いったいどこからこんなに大量の鼻水が溢れてくるのか。。。
保育園へお迎えにいくと8割がた鼻の下は鼻水でカピカピ。
お家に返ってまずお湯で温かいタオルを用意して鼻の下を拭き拭き。(この時めっちゃ暴れる娘。首をブンブン)
鼻の入口付近もカピって取れないので、タオルで湿らせてから
同じくお湯で湿らせた綿棒を使って、取り除きます。
これで、鼻の入口周りは取れるんですが、
問題は奥にスタンバイしてる鼻水達。

0歳児の頃は、自分の息で鼻吸いとりグッズを使ってなんとか凌いでいましたが…
1歳になってから保育園でほぼ各週何かしら熱を出して鼻水も出てたので
夜中も鼻水や痰が喉に詰まって、咳き込んで起きる事もしばしば・・・

家でもっとスッキリさせてあげたいと思って、電動式の鼻吸い取り機をついにゲットしました!
『baby smail』値段もそこそこします。確か1万数千円・・・。

病院の吸い取りに比べるとパワーはだいぶ落ちますが、
素人でも安全に吸い取れるので、重宝してます。
個人的にはもう少し吸引力欲しかったですが・・・ ネバネバ系はちょっと取りにくい。

ただ、音が結構うるさいので、寝る前に吸い取っちゃって
真夜中にどうしても息苦しそうな時は、アナログ鼻吸いで息吸い込んで頑張ります。

0歳の頃に比べると1歳になれば
吸ってもらえるとスッキリするって事が理解できてるので
嫌がらず、むしろ鼻を自ら差し出して催促してきますww

使った後はバラして洗ってという作業がワンセットでついてくるので
なかなか腰が重たくなりますが、息がしにくいのは可哀想なので
なるべくこまめに吸っています。
我が家はパパも手伝ってくれるのでとても助かっています^^

これまで、育児の中の出来事を文章でブログに綴っていましたが
文章にするまでも無いささいな出来事も残していきたいと思いましたので

下記ブログにてこれから絵日記にして育児であった出来事を綴っていこうと思っています。
育児あるある的な事もシェアしていけたら嬉しいです^^

あたしはさっちゃんなの~ノンストップ育児日記
http://sirusiruikuji.com/


これからは絵日記の方をメインに更新して行きますので
宜しくお願いします。

シル★シル

保育園で練習している事を家でも時々するさっちゃん。

トントンあーい!(トントンまーえ)
ミッキマウス体操の音楽がなると腰をフリフリ♫
本番でもちゃんとできるといいなぁ・・・

姉妹校が3校集まって合同で行う運動会なので
人数はものすごい数になりそう。。。
人が多いと(特に自分より大きいお友達や大人)途端に動けなくなって
泣き出してしまうさっちゃん。
多分、というか絶対終始泣いておしまいな気がしてしょうがない。。

とりあえずビデオカメラに収めるべく、カメラマン頑張るぞ!


ところが当日は、入場して並んだ時
さっちゃんは泣かずにぽーっとしてました!
こんなにいつもと違う環境にいるのに正直とても驚きました。

そしてミッキーマウス体操が始まると
時折笑顔で体を動かしてたし。。。本当にさっちゃんなのか!?
それとも、本番には強いタイプなのか??
泣いてるお友達が数人いたのにも関わらず、さっちゃん堂々としてました!
大きな成長ですね。

そんな感動的なシーンなのに
肝心なカメラはというと、、望遠で撮るから突如手前に他の人が入り込んだりして
ほぼ、他のお友達に隠れてたさっちゃん。。。がくっ

親子競技では私と一緒に参加★
まだ1歳児なので一番とか二番は無くて
みんなそれぞれ楽しみながら競技に参加してました。
はらぺこあおむしを題材にした競技で、最初は子供を箱にいれて親が運んで
途中にあおむしに食べさせる食べ物の絵がぶら下がってるので
子供に取らせて、箱から子供を出してあおむしの所まで行って
食べ物をペタペタと貼る感じでした。
ほぼ親の競技みたいなモノですがwww

最後にはみんなにアンパンマンの金メダルを配っていました。
もちろんさっちゃんも金メダルゲットで嬉しそうでした^^

じいじ、ばあばも見に来て嬉しそうだったから
良いイベントになりました!
パパのじいじ、ばあばは来れなかったけど
若干距離もあったりするので、もっとさっちゃんが競技ができるようになってからでも
いいかも?と感じました。

初めての運動会、無事楽しむことが出来ました~!

来年はもっとやれることが増えてるので
楽しみですね。

場所やモノに対するこだわりが出てきた今日このごろ。
お風呂に入るときも同様にこのこだわりが出てきます。

まずは浴槽の中での立ち位置。
お湯が出てくる口のついてる側がお気に入りみたいで
そこを私が陣取るとメチャメチャ怒ります。
自動にしておくと突然熱いお湯が出てきたりするので
いつもお風呂に入るときはOFF。

保育園の散歩車に乗るときも
いつも定位置が決まってるらしく
そこに他のお友達が行ったら、両手を広げて
「ここは私の場所よ!」と主張してるみたいなので
きっと席を取られたらこんな感じで怒ってるんだろうなぁ・・・w

ちなみに髪の毛がだいぶ伸び始めてからは、
ボディーソープとシャンプーを分けて使うようにしてます。

おもちゃはアヒルのジョウロと動物の水てっぽう(クシュっとしたら水が飛び出るやつ)
を使って遊びつつお風呂に浸かるようにしてます。

それでもずっと立ったままで上半身はお湯につかれてないので
桶で常にお湯をかけてあげなきゃいけなくて若干シンドい・・・

なので平日は私がお風呂にいれて、土日はパパ担当で
持ち回りにするようにしてます。
一緒にパパとお風呂に入ってくれる期間も
いつまでなのか分からないですしねwww

実は我が家は温泉好きなので、おむつが外れて温泉に入れるようになる事を
楽しみにしてます^^

1歳5ヶ月の頃

初秋に
岐阜 飛騨高山へ旅行へ行ってきました~

旅行は職場復帰して半年経って、一通り色々と病気をもらって体が強くなって
お熱が出なくなった頃に計画して行きました。

平日に有休を取って行ってきたんですが、
さすが高山! メチャメチャ観光客多かったです!高山市内は特に!
人気の飛騨牛寿司(おせんべいに乗ったお寿司)屋さんの前には
長蛇の列・・・。 平日なのに・・・。
外国人にも人気なエリアだから平日とか関係ないのかもしれませんね。

高山市内を見て回る際に大活躍だったのが
おむつ替えや授乳、保育サービスもある「かんかこかん」がとてもありがたかったです。
我が家は娘のおむつをそこで何度か交換させてもらいました。
市内にカフェやお店は沢山あるんですが、おむつ替えや授乳できる所は限られてるので
観光地に赤ちゃんや幼児向けのベビールームがあるのは観光し易いですね。
お出かけ時にベビールームチェックは我が家ではすっかり恒例になりました。

そして、お宿は 「   」

小さな子連れ家族には周りに迷惑がかかりにくい
角部屋に泊まれるので、子供が多少暴れても気兼ねせずに済みました^^:
中居さんも優しくてとても良くしてもらえました。
囲炉裏が好きなので囲炉裏付きの部屋で囲炉裏部屋と別で二間畳部屋があって
お部屋自体もとても広かったので子供が伸び伸びと歩きまわれました。
ただし少しだけ階段がついてたので、そこに行かないように扉で仕切っても
十分広かったのでくつろげました。

お風呂は貸切風呂が2箇所あって、
入りたい時に空いてれば入れるシステムで、1回につき1時間程度目安で入浴可能です。
宿の部屋数が少ないので、そこまで被る事もなく入りたいときほぼお風呂に入ることができました。
もちろんいつでも入れる大浴場もあります。(そこまで広くはないけれど、泊まってる人数が少ないから気にならないです)

食事は囲炉裏があって囲炉裏好きには堪らなかったです(笑)
お魚とお餅が串にささってるだけだけど、満足してました。
もちろんその他お料理も少ない量で種類が豊富だったので
アラフォー夫婦にはピッタリでした。 そう、量よりも質と種類!
子供用に別で料理を注文してなかったので、私たちの料理を少しずつ食べられそうなモノを
食べさせていました。
今思えばお子様ランチ頼んでおいても良かったかも?

お風呂も料理も観光もゆとりを持って楽しめた良い旅でした!
高山また行きたいなぁ、、、

↑このページのトップヘ