ノンストップ育児★働くママの 呟き

晩婚&アラフォーの働くママが初めての育児に奮闘して感じた事、経験して気づいた事を備忘録として日記にしました。 そのうち育児絵日記にして行けたらと思っています^^/

2017年10月

赤ちゃんのおもちゃは皆さんいつから揃えましたか?

我が家は1ヶ月半くらいまではおもちゃは特に買おうとも思っていなかったんですが
ベビ子に会いに来てくれたお姉さん家族の甥っ子が「ここはおもちゃが何もないね~」と
言った言葉をキッカケに、確かに、赤ちゃんがいるのに殺風景だと可哀想なのかも、と思い
おもちゃ購入を検討する事に。

まず手始めに、アンパンマンメリーを買いました^^
赤ちゃんといえばメリーとアンパンマンでしょ★というノリでした。あはは。

ベビ子が揺れるアンパンマン達を見て喜ぶ姿を想像して・・・スイッチON!
・・・あれ?全然メリーの方を見てない??
音楽も鳴ってるので気づいてるハズなんだけど、あれれ?と思いグーグル先生で検索♫

すると、赤ちゃんの視力はまだまだ弱くて月齢が低ければ低いほど
ボンヤリとしか見えていない様子。。。
なるほど! 人が動いたりする様子は目で追えるけど
同じ場所でクルクル動くものはあんまりよく分からないみたい。

少しガッカリしながらも、ポジティブに切り替えて
赤ちゃんと言えば「ガラガラ」でしょ!と
懲りずに今度はガラガラを買いに行きました^^;

小さいお手でも握れるくらい細めなタイプをチョイス♫
これならガラガラして遊んでくれるはず・・・

手にそっと握らせるも、手のブンブン!が止まらない!
ガラガラもあえなく役目を果たせず枕元にそっと置かれる事に・・・

張り切っておもちゃを買いましたが、ベビ子の場合は
結局2ヶ月たった後くらいから徐々に認識しだしてきましたね。

初めてメリーに気づいた時の顔は驚いた表情をしてて
とても愛嬌があったのを覚えています。
ガラガラは遊んでくれる様になったのはハンドリガードを初めてからでしたね。

ハンドリガードが始まってからは、自分の手を見つめたり
体にかけてたタオルケットを両手で掴んでじっと見つめて… お口でハムハムハム…
常にタオルケットがヨダレまみれになってました。

でもそれからは、今まで気づいてなかった?
自分の足にも興味を持って、足の指をハムハム・・・
この頃から好奇心を身体で表現できるようになってきました。

結論から、おもちゃはそう急いで買うもんじゃないなと…思いました。
赤ちゃんの成長スピードはそれぞれなので、早く興味を持つ子もいればそうじゃない子もいるので
一概には言えませんけど、我が家のケースではゆっくりと買い揃えるペースで大丈夫でした~

お裁縫が得意な親戚の叔母から頂いた
「お手玉」は小さい頃から1歳超えた今でも遊び方を変えて長く遊んでくれています。
叔母には感謝です^^ 手作りでちりめんの布とペットの粒で赤ちゃんに優しい素材で作ってくれました。
いつかベビ子が上手にお手玉で遊んでくれる事を想像してます。

ちなみに、小さい頃からアンパンマンのおもちゃに触れさせていますが
いまだに目覚める気配はなく・・・
やっぱりアニメを見せないとそんなに好きにならないのかな??

私は産後1ヶ月は実家にてお世話になっていたので
その間は家事はほとんどせずに、入院中の生活と同様に赤ちゃんのお世話に集中してました。

それにパパは毎日残業で帰りが遅いので、ベビ子に会いに来るのも
週末か平日に時々…。

素肌&パジャマな生活がすっかりデフォルトになりました。

時は経って実家から家に帰ってからも、パジャマライフは継続し、
よくよく振り返ってみると、パパを朝見送って、夜21時過ぎパパが帰ってくるまで
ノーメイクに同じ服(当然頭もそのまま)・・・
パパもそんな姿に見慣れたせいか特に何も触れずにいました。
私もその時マヒしてたのかもしれませんが、やっぱり外へお出かけせずに
家の中にいるとよっぽど美意識高く持っていないと、
人間は環境に流されてしまうんだなぁと、痛感しましたww(特に私は環境に左右されやすいみたい)
その頃は多分、あんまり鏡見てなかったきがします。

時々、実家から私の両親がベビ子に会いに遊びに来てくれてたので
その時くらいは服を着替えて・・・とするくらいでした。

社会人になってから、こんなに外へ出かける事がないのは
考えてみると今まで無かったです。

その頃は、3時間おきの授乳マジック&寝不足でリフレッシュの仕方をすっかり忘れていたような気がします。

ベビーカーをもっと早めに買っておけばもう少し外へ出かけてみようかな~と
思えたかもしれません。

実は、パパが同じ職場の人からAタイプのベビーカーはすぐ使わなくなるからBタイプにした方がいいと聞いてたせいで
買うタイミングを逃していましたww
AとBは切り替えができる物が最近主流なので、そこまで気にしなくてもよかったんですけどねww

もっと早く買えばよかったと、その頃は反省してました。

結果的にはベビーカーは今もよく使っています。
他人のアドバイスは鵜呑みにしてはいけまんね。。。
だって、ベビーカーをすぐ使わなくなったって話も、
その方の子供の個性なんですからね~

私に限らず、初めての子育てでパパの帰りが遅くて
朝から夜まで赤ちゃんと二人きりのママが多いと思います。
生後間もない赤ちゃんは、まだまだ長時間外へ出かけるのは
体に負担をかけるので避けたほうが良いですが、
近所でも良いので、少しでも外へ出かけるきっかけは作った方が
適度に身なりにも気をつかえる様になりますし、何よりママのリフレッシュになると思います。

いつでも出かけたい時に赤ちゃんと一緒に動けるように
お出かけグッズの抱っこひもやベビーカーは、早めに揃える事をオススメします。
(ウチは特別遅かっただけかもしれませんが…)

ベビ子の新生児の頃は、髪の毛もある程度生えてたので
ぷっくりしたほっぺと相まって、茄子っぽくて可愛いなぁと
思ってたんですが、
ある日斜め後ろからみた姿に「はっ!」
あのアニメキャラが頭をよぎりましたw

そう、クレヨンしんちゃんです~^^

ベビ子に限らずほとんどの赤ちゃんはほっぺがプックリしてるので
そんな雰囲気に見えるかと思います。

更に、
赤ちゃんはミルクしか飲んでいなくても、生後半年もすれば
大体の赤ちゃんはムッチムチな体型に。。。
我が家のベビ子も半年で足首、手首、関節にお肉のラインがクッキリ入るくらい
お肉がついてきて、ほっぺが落ちそうとはこの事!と言わんばかりに
ほっぺが落ちてました(笑)
ポタポタ焼きのパッケージのおばあちゃんみたいな…赤ちゃんなんだけどね。

1歳超えた今は、歩けるようになって運動量も増えたおかげで
体が引き締まったので、ぽたぽた焼きほどほっぺは落ちていませんが、
斜め横から見ると・・・
クレヨンしんちゃんが出現します!(笑)

特に振り向きながら笑ってる姿は
愛嬌と何か企んでいそうな表情が相まってとてもいい表情します。

作者は子供の特徴をちゃんと捉えて描かれてるんですね~と、
改めて関心してました。

ちなみに笑うときはクシャっと崩して笑うので
その時は関根勤さんが垣間見えたりします(笑)
クレヨンしんちゃんと関根勤って… なかなか我が子ながら
表情が豊かで周りを和ませてくれています。

成長と共に表情が増えていきますが、
クレヨンしんちゃんと関根勤だけは変わってませんww

変わらない表情と変わっていく表情や仕草が月齢によって変化していくので
日々育児に追われて日記をつける余裕もないママが多いと思いますが、
スマホでパチリと日常を撮っておく事をオススメします^^
写真を追っていくと、こんな時期もあったね~と思い出が蘇ります。

ほんとにある日突然何かをキッカケに変わるので。。。
つい最近は、おしゃぶりのポーズが片手だけで吸ってたのが
片手を支えるようにウルトラマンのデュワ!ポーズで両手を使ってのポーズに変化してました。
その日を境におしゃぶりが始まるともう片方の手がそっと肘を支える様になりました。

まるで大女優が優雅におしゃぶりをしているかの様です(笑)

そう、赤ちゃんのイラストに高い確率で描かれる 「おしゃぶり」
最近は歯並びに影響しない工夫のされた機能的な物から
色んなラインナップがあります。

ベビ子が産まれる前にやっぱり赤ちゃんと言えば、おしゃぶりでしょ!って感じで
なんの迷いも無しに購入~
ぐずった時とかに活躍してくれる事を想像してたんです。

そしてイメージ通りチュパチュパ夢中に吸ってくれると期待して
ベビ子にくわえさせるが…
パクっ・・・・ ぺっ!! 

ええええーーーーー!?

もいっかい。。。 ぺっ!

まさかのおしゃぶり拒否!! 想定外でした><

それよりも自分の手をグーしたままお口でハムハムしてる方が好きみたい。
まだまだ指先が器用に動く月齢ではないので(1ヶ月)
自分の手の方が好きみたいなんですが、ハムハムする度に
手がヨダレまみれに…
指が器用に動かせるようになれば、自然と自分の好きなお指が決まってくるそうです。
ベビ子は左手の親指がお気に入りな様子。
というか、それ以外の指でおしゃぶりは絶対にしません(笑)


理想としては、出先や家事で構ってあげられない時に
少しの間静かにしてもらう為の切り札として購入されるママさんもいるかと思いますが、
いきなり高い物は買わずに、好きかどうか様子を見てから
買い足すのをオススメします~

今は1歳ですが、未だに左手の親指がお気に入りでチュッチュしてますが、
歯医者さんからは歯並びに影響しやすい顎の形と歯の大きさをしてるらしく
2歳までにはおしゃぶり卒業しましょう~と言われています。

初めての場所や不安な気持ちの時、眠るとき、チャイルドシートで固定されてるとき
結構おしゃぶりが止まらない状況が続いております^^;
保健師さんとかに相談すると、暇させないように赤ちゃんの相手をしてあげて…と言われるんですが
眠るときだけはやめさせようにも無理でどうしようかまだ悩み中です><

精神安定剤の役割を果たしてるお指を封印する日がいつか来るんですけど
ベビ子のストレスが溜まりそうで不安です。

徐々にお指から離れられる良い方法知ってる方教えて下さい~(切実><)

産後2週間後くらいからそろそろお宮参りの準備しなきゃ と思い
行動開始~。

お宮参りで準備が必要なイベントは
・両家の予定を確認
・神社のお参りの予約
・昼食会のお店の予約
・記念写真の予約

ざっとこんな所
実家で家事無しの生活だったので、手配は全て私が担当する事に。
下調べと予約をするくらいなので産後の本調子じゃない体調でも着々と準備します。

神社は割と大きな神宮だったのでピンポイントで予約という形では取れなかったけど
祝詞をあげる時間に合わせて行けばOKでした。
ちょうど春先で過ごしやすい季節だった事もあり、
周りには同じ初お宮参りのご家族が沢山みえました。
それ以外の方達も居て、全員合わせると結構な人数だったような…

ベビ子は白いベビードレスに白い靴下を履かせて、白い帽子♫
夫のバアバが着物を持ってきてくれたので、待ち時間の間バアバがベビ子を抱っこして
着物を羽織って準備完了!
ベビ子はバアバの腕の中でスヤスヤ眠ってました。
祝詞が始まると、他の赤ちゃん達が泣き出したりグズったりしてる中
ベビ子は変わらずスヤスヤ…
周りに対して動じないベビ子… グズったらどうしようかなぁとか心配してたけど
そんな心配は無用(笑)でした。

昼食に関しては両家の好き嫌いのリサーチだけしておいて
広めな個室があるお店をチョイス★ 
両家とも魚介系は好きだったので「甲羅」というカニ懐石の昼食に…
ちゃんと慶事用のプランもあったので選びやすかったです
赤ちゃんを寝かせておける座布団とブランケットが用意されていて
ミルク用のお湯やお冷(ミルクを冷ます用)も快く用意してくれてとても助かりました。
ちょっとお昼にしては高めなお値段になったけど、小さい赤ちゃんを連れてくには
とても安心できるお店でした★

記念写真はスタジオアリスへ!
ちょうどベビ子のお昼の授乳時間と被ってしまったので(ほんとは昼食の時に飲んで欲しかったけど)
グズりかけてたので駆け込む様にスタジオアリスへ!

授乳が終わって一息つきつつ
楽しい衣装選び♫ 初宮参りなのでそこまでバラエティーはなかったけど
かわいい着物も沢山あって楽しかった~

撮影の時もベビ子はいい子ちゃんで、
しっかりとカメラを見て動かないでいてくれたので
撮影もスムーズ~
両家全員集合と家族、最後にベビ子だけで3カットを撮影したんですけど
2カット目までは順調に進んでいって
3カット目に入ると途端に不機嫌な表情に…
その姿はまさに、不機嫌な大女優の様に肘をついてポーズを取るベビ子(笑)

写真選定の時、迷わずその写真を選んだ事は言うまでもありません

ベビ子が産まれて初めて両家に囲まれた
記念すべき日になりました。

なかなか両家揃う事ってないからねぇ~(我が家の場合は)

写真はデータでも貰えたので、後日プリントして焼き増しして
台紙に貼って両家に配りました。
その瞬間はその時にしか撮れないので、ベビ子の記念写真は大切にしてきたいですね^^

↑このページのトップヘ