ノンストップ育児★働くママの 呟き

晩婚&アラフォーの働くママが初めての育児に奮闘して感じた事、経験して気づいた事を備忘録として日記にしました。 そのうち育児絵日記にして行けたらと思っています^^/

2017年10月

離乳食後期になるとついに朝、昼、晩と3回食です。
ミルクの回数はグッと減りますね。
すると気になるのは水分補給なのですが・・・
この頃はジュースの美味しさに目覚めて、ストローの使い方が格段に上手くなりましたw

お出かけの時はマグのお茶以外に、パックジュースを持って行くのがお決まりでした。
この時すでに歯が上下合わせて8本生えてたので虫歯には気をつけて
ジュースの後にはお水を飲ませたり、夜中のジュースや柑橘系のフルーツ等も食べない様にしてました。

同じ食器を使わないとか色々気をつけていましたが・・・
保健所で歯の検診を受けた時に虫歯菌がいるかどうかをチェックした所
「虫歯菌多い」の結果に打ちのめされました。。。あんなに気をつけてたのに。

肝心の離乳食の方ですが、どうもすべて自分で作るとなると
ワンパターンの料理から抜け出せなくなってきたので、
私はレトルトにかなり助けられていました。

レトルトに他の野菜やお肉を混ぜて栄養をプラスしたり、
牛乳を加えてクリームシチュー風にしたりと
レトルトにアレンジを加えたメニューも足すと
味付けの幅も自然と増えて良かったと思ってます。

いくら和風が身体に優しいとはいえ、たまには洋食や中華風の味付けも
経験して慣れていかないとね~

レトルトそのままだけではなんだかな~とお考えの方は
一手間のアレンジを加えるだけで時短にもなりますし、オススメです♫

あと、後期から手づかみ食べをさせてみました。
ご飯系はまだ力加減ができなくて上手く掴めなかったので
比較的掴みやすい、人参、大根を柔らかくゆがいて、あとはフルーツをカットして食べさせてました。
正直、少し野菜や果物といったある程度硬さのある物で掴む力加減を覚えてから
一口おにぎり状にしたご飯を掴ませると良いと思いました。
正直、ご飯を握りつぶして腕をブンブン振られると、米粒がいろんな所に飛び散って
掃除が大変!

離乳食後期の終わり頃が、保育園入園の一か月前だったので
その頃からスプーンを握らせて食べさせるようにしました。
自分で上手くお口まで運べないので、誘導してあげて食べさせてましたね。
そうする事で徐々に自分なりにコツを掴んでくれるようになりました^^
コップは前から練習してたので、飲む事自体は出来ていましたが
自分の両手で持って飲む練習をしました。
保育園に向けて他のお友達も家で練習してるハズなので
ベビ子もなるべく周りについていけるようにしてあげたい一心でした。

離乳食後期は振り返ってみると、食べる、飲む、道具を使う事が格段に上手くなった時期でもありました。

後片付けとか考えると億劫になりますが、新聞紙を引いて床にこぼれても良いようにしておけば
あと片付けも楽になりますし、赤ちゃんに色々と経験を積ませてあげたら
その分、吸収して自分でできることが増えていくので、とても嬉しいです♫

中期に入る頃には
お粥、人参、大根、ほうれん草、小松菜、バナナ、りんご、鳥ミンチ
これくらいは食べられる様になりました~。

お豆腐や豆乳、みかん、すりおろしりんごはまだあまり好きじゃないみたい。。。

お粥は粒が少し残るくらいに潰して、
和風だしにお粥とほうれん草、人参を混ぜて煮たものからスタート!
一口食べて・・ん??んべーっと戻しちゃいましたが、
その次からは ぱくっもぐもぐ・・・食べてくれた!

この頃以外な好物が発見できた頃で
それは「納豆」!
苦手だったシラスも納豆とあえてあげるとぺろっと食べちゃう♫
ビバ!納豆様!!
しかも発酵食品だから身体にも良いし、栄養もたっぷりなのでラッキー^^v

この頃の悩みは食事に合わせてとらせてた水分。
ストローを離乳初期から練習してるんですが全然上手く飲み込めなくて
エプロンがベッタベタで服にまで染み込んでしまってました。

ストローで吸っても口から漏れちゃうのと、面白くて自分から吐き出しちゃうみたいで^^;

ベタベタ対策で購入したのが、受け口がついたエプロン!(柔らかいシリコン?でできた物)
大量に水分を口からこぼしても受け口がすべてキャッチしてくれる♫
食事が終わる頃には受け口にタップリ食べこぼしと飲みこぼしが・・・(用意した量の半分くらいしか食べてないしw)
これのお陰で毎食後、服を着替えてたけど着替えずに済むようになりました!

同時にコップの練習もしてましたが、こちらも全然上手く飲めませんでした。この頃は。。。
だけど、諦めてやめてしまったらずっと使えなくなってしまうので、
ここは根気よくやるしかないか!と気持ちを切り替え♫

離乳食が2回食にもなるとその分ミルクが減るので水分不足が心配だったし
なんとか上手く飲めるように練習あるのみ!

ストローマグは細かい隙間が多くて洗剤で洗ったつもりでも
茶渋が残ってたりするので、哺乳瓶消毒に使ってたグッズで洗うと綺麗になります★
ストローの内側部分も綺麗になるし、安心です。

ついに、ついにこの日がやって来ちゃったと
強く思ったものです。。。

これまではミルクだけでも3時間置きで大変なのに(;´Д`)
それに加えて離乳食も作って与えなきゃいけないなんて…
私にできるのか!?Σ(゚д゚;)と本気で思いましたww

とはいえ、最初は10倍粥でスプーンを数口あげるだけでOKだし
大丈夫かな?と思いつつ恐る恐るベビ子が不安な面持ちで一口食べてくれた
と思ったらべーっと少し戻されましたけど、
それ以降は慣れてくれたみたいで、サクサクと食べてくれるようになりました♫

お粥はクリアしましたが、ほうれん草、シラス等徐々に増やしていくにつれて
その日の気分的なのか食べてくれない日もありました。
自己流だと若干不安だった事もあり、レパートリーを増やすべく
離乳食の本を買ってみました♫
月齢に合わせた量や調理法等丁寧に載ってる~♫

とはいえ、離乳食初期はドロドロの状態にしないといけないので
どの料理も基本混ぜて金網でこしたり、すりこ木で擦る作業が地味に大変。。。
こんな時、ハンドブレンダーがあると便利だろう!と思い購入。。
が、、、連続して動かすのに時間制限があったらしく(説明書は後から読むタイプw)
瞬時に破壊ww 
諦めてアナログでなんとか乗り切りました><

離乳食初期は、いつもと違う初めての物を食べる時はすごく敏感なので、
お粥がOKなら、それに少しずつほうれん草とか混ぜ合わせて食べさせると
違和感なく食べてくれるのでオススメです。
確かに大人でもほうれん草だけとかのペースト食べにくいよね~^^;

面白かったのが、みかんを初めて食べた時
一口食べた瞬間、全身ブルブルっと身震いしました(笑)
酸っぱい味に驚いたんでしょうね。まさか震えるとは思わなかった。。。
そして、二口目は口を一文字にして食べようとはしませんでした^^;

でも、今はみかん大好きです★

好みは月齢を追って色々食べてくと変化してくので
食べられなくても暫く間をあけて食べさせたら大丈夫だった!とか全然あります。


離乳食中期編へ続く~

民間編 ベビー&ママ交流イベント 

今回は、市の機関ではない民間のベビーとママ交流イベントへお出かけ~♫

キッカケは、夫の会社同僚の奥様からの情報で
家から近所だった事もあったし、毎日何かしら専門の人を呼んで
赤ちゃん向けやママ向けのイベントを実施してるそう。

楽しそうだったし、ワンコイン500円かかるけど
短い時間で何かしら情報を得たり、赤ちゃんのリトミック等参加できるみたいなので
私が望んでた交流イベントに近いって事も行く動機付けになりました♫

赤ちゃん向けのイベントは色々ありますが、無料で参加できる物もあって

・毎月の壁紙アート撮影とセッティングしてくれる♫ これは無料♫
ちょうど10月はハロウィーンでベビ子は小悪魔に変身(笑)しました。

・オイルを使わないベビーマッサージ
服の上からでも撫でてあげるだけで赤ちゃんにとっては刺激となるそう。

赤ちゃんは一日で64回以上触れてあげる事で親の愛情を感じたり
精神面での安心、安定にも繋がるそうです。
それを聞いた時、そんなに触ってたっけ?と不安になってみたり。。。
なんだかんだオムツ換えやミルク、寝かしつけで最低限触ってるだけでもそれくらい触ってるのかな?

特に生後6ヶ月~7ヶ月にかけて、赤ちゃんの頭の中でシナプスが繋がる動きが活発になるそうなので
背中を下から上へ撫でてあげると良い刺激となってシナプスが沢山繋がっていくみたい♫
ちょうど参加した月が6ヶ月だったので、その日からメッチャ背中をナデナデするようになりました。(笑)

シナプスとは、脳の神経細胞の伝達網でそれらが沢山繋がる事で脳の発達に良いとされています。

パパも一緒に参加できる様に土曜にも一緒にベビーマッサージに行って
一緒にお勉強しました♫ 赤ちゃん情報を夫婦で共有することは大事ですね~。

・英語のリトミック
英語の日本人の先生が音楽に合わせて英語でお歌を歌う♫
ママが赤ちゃんを抱っこして飛んだり跳ねたりもします!これが結構ハードでアラサーにはキッツイ(笑)

↓は参加できなかったけど、こんなイベントもありました。
・お誕生日会
・保育園準備体験


実は、赤ちゃん向けよりもママ向けのイベントが多岐にあって
どちらかというとママの為のイベントなのかなぁと思ったりします。
※すべて専門の先生からの講座になります。

・産後骨盤ストレッチ 
・30分で2000円のマッサージ
・家族のマネー講座
⇒ファイナンシャルプランナーの講座なので、専門的で分かりやすい講座でした。
希望すれば初回は無料で家計の支出についてアドバイスを貰える。
・看護師からの赤ちゃんの病気について(毎回病気の種類が違う)
⇒救命処置は習っておくと、いざという時の心の保険にもなります。
・助産師の授乳アドバイス
・醤油麹、塩麹を作ろう♫
・お味噌を豆からつくろう♫
・離乳食作りと試食会

こんな具合で参考になる事やリラクゼーション、試食等で飽きさせない工夫が色々されてて
半年間くらいしか通えなかったけど、とても楽しめました♫
イベントに参加するには予約が必要ですが、LINEでカンタンに予約も可能だったので
とても気軽に参加できてた気がします。

お近くでママと赤ちゃん向けのイベント情報を見つけられた際は
一度内容をチェックしてみると気になるイベントが見つかるかもです♫

保健所編 ママと赤ちゃんイベント

BCGで保健所に行った時についでに予約をしておいた
ママサークルの日がやってきました!

参加人数が多くて空きがなかったらしく一ヶ月半程待っての参加となります。
最初は、そんなに人気があるイベントとは知らなかったので以外でしたが。。。

初めての赤ちゃんを育てるママ達が集う場所。。。
ちなみに赤ちゃんは産まれてから1歳までの誕生日まで参加が可能だそう。
なので、集まる赤ちゃんはみんな0歳児だけど、月齢はバラバラなので
近い月齢のお友達が居るといいなぁ~

準備する物は特に無くて、いつもの赤ちゃんの装備と
まだネンネの赤ちゃんはバスタオルを持ってきてそこへコロンと寝かせておくそうです。

ベビ子はまだまだうつ伏せで顔を上げるのと、寝てる状態から寝返りをうって起き上がるまで
しかできません。。 (生後4ヶ月)
起き上がると動けないし肘でずっと体を支えるのが疲れるので
「ああ~っ!」と不機嫌な声を出します。

なのでバスタオル分がいつもよりもちょっとかさばるけど、とりあえず出発~♫

家から徒歩15分くらいの市の建物へベビーカーでテチテチ。
季節は9月の初旬、まだまだ夏が残る初秋なので着く頃には私もベビ子も汗だくだくです。。。><
朝10時頃からスタートで11時には終了予定。
私達は10分前くらいに着いた頃、まだ2~3人しか来てなくて、
早すぎたか!?と思いましたが、荷物持ってバスタオル敷いてオムツ換えてと何かとする事があったので
色々やってる間に時間になりました。
が、、、職員は居るけど、近くのママ達と話してて一向に始まる気配はなく・・・
人も全員で20人くらいと聞いてたけどまだ10人ソコソコしか来ておらず
割と緩めなイベントなのねと感じました^^;

予定時間を15分くらい経過した後、職員から軽く子育ての事についてお話があって
あとは何か細かく聞きたい人は周りのママ達か、職員に声かけてくださーいとの事。。。

ちょうど近くに初めて来る組みが一人ずつバラバラと座っていたので
私もその和の中に入ってママ達と赤ちゃんの事について話をしてました。
まずは月齢をお互い聞きあって、お散歩は何分くらいするのか?ミルク以外の飲み物はどれくらい飲ませてる?等、
まだ離乳食が始まる前の赤ちゃんが多かったので、話も合ってちょうど良かったです。

月齢が高いママグループは、赤ちゃんと習い事何してるとか、どこのキッズルームが遊ばせやすい?等
割と赤ちゃんもハイハイしたり早い子はヨチヨチ歩いたりしてる子が多かった気がします。

そのままフリートークで解散なのかなぁと思っていたら
最後に初めて参加するママ達が各自簡単な自己紹介をして終了~

毎週1回のペースでイベントが開催されているようで
次回は栄養士の方が見えるので離乳食関係の詳しいお話が聞けるとの事。

毎回専門の方が来る訳ではないようで、私としてはフリートークよりも
身になる話を目的として聞きたかったのにちょっと残念でした。。。

1歳近い子供のママさんや月齢が高いママ達は長く通ってるのか
すでにグループができていて、そこまで新しいママ達と関わろうとする様子もなく
自分達だけで話しててなかなかその輪に入っていくには勇気が必要なのかな?とも感じました。

どうしても輪に入りたい時は、赤ちゃんがハイハイとかで動けると
赤ちゃんが勝手に近づいて行って話すキッカケを作ってくれたりもするので
なんとかなります(笑)

ベビ子はまだまだ動けないので、移動したい時は赤ちゃんとバスタオルとハンカチとか持って移動なので
正直動きづらいです。。。

色々考えた結果、私には目的と合わなかったって事と
赤ちゃんと荷物を担いで色んなママ達に声かけたり、動きを気にかけたりする事がストレスだったので
1回のみ参加して見送る形となりました。

最初の会で気の合うママと意気投合できたらまた来ようとも思えたかもだけど、
私自身が、1年後には復帰の頭があるので仲良くしてもその後のお付き合いは難しいだろうなぁと
思うと、それ以上踏み込む気力が沸かないのが正直な気持ちなのかもです。

私は次に繋がらなかったけど、良い出会いがあるかもしれないので
一人目の赤ちゃんが1歳になるまでの限定期間に参加できるイベントがあれば
一度は参加してみる事をオススメします。

自分に合わなければ次行かなければいいだけですしね~

↑このページのトップヘ