ノンストップ育児★働くママの 呟き

晩婚&アラフォーの働くママが初めての育児に奮闘して感じた事、経験して気づいた事を備忘録として日記にしました。 そのうち育児絵日記にして行けたらと思っています^^/

2017年10月

去年の1月頃の事・・・

認可保育園の申し込みはすでに済ませてあったので
あとは、天に運を任せるのみ・・・という状況でしたが、
申し込みの時に区役所の方から、他はあたっていますか?と
聞かれていた事を思い出し、
本当に入れなかったらどうしようという不安に悩んでいました。

もう1月であと3ヶ月後には保育園スタート&職場復帰が迫っている状況。
うーん。やっぱり滑り止めを検討しますか。と思い立って早速行動!

無認可保育を4箇所くらいザッと見学に回ってみました。
一部体験イベントにも参加。

A無認可保育園
アパートの一室くらいの面積でお庭は無し。
金額は預ける時間によって開きはあるものの、
他の園と比べると結構安いお値段でした。
説明してくれた方は丁寧にお話してくれましたが、
その方自身が若干、元気がない点が気になりました。
特に預かってもらうのにキャンセル待ちがある様子ではありませんでした。

B無認可保育園
保育園というよりは幼稚園に近い印象。
いわゆるインターナショナルスクールで先生は外国人と日本人が半々くらいの印象。
0歳児の教室のクラスの体験を少しだけしましたが
先生は若い女性の方でしたが、あんまり笑顔が無くて子供達の目を見て話をしている感じを受けなかったです。
淡々とカリキュラムをこなしてる感じ?
英語を話しているのでダイレクトにニュアンスは伝わらなかったけど
子供達が楽しそうにしてない。。。^^;
こちらは大人気で、1歳児クラスは募集する予定は無いそう。。。
ちなみに諸々含めると月々10万は軽く超えます><

C無認可保育園
小さなお庭付きの建物で、戸建ですが規模的には小さ目。
保育士は若干高齢の方が多めで若い保育士も見えました。
こちらも人気みたいで、4月入園希望枠が残りわずかとの事。。。
0歳児から2、3歳児をメインに預かってるみたいで、ほのぼのとした雰囲気。
こちらも月々ジャスト10万くらい。。。た、高い。。。
フルタイム復帰予定だから仕方ないけど、認可と全然違う~

D無認可保育園
結構今時な印象の保育園でした。
ライブカメラがついてて、保護者が外からでもチェックできたり
英語遊び時間は外国人の保育士が英語でお話したり、
ご飯も食育としてしっかりとした体制をとっていたり
見学してきた保育園の中では一番しっくり来たかも!?
お値段は若干安くて8万くらい。。。

こちらも入園枠がどんどん埋まってきているようで
2月の時点で12人枠に対して残り3枠。。。
入園するしないは置いといて、ひとまず枠を確保する為に手付金で2万円をお支払い!
認可保育園の結果次第では捨てるお金にはなりますが、
保険と思ってお支払い。。。

同じ日に見学に来てたママが、認可落ちたから今日申し込みします!って
言ってたので、他人事じゃないです。

ドキドキ、我が家のベビ子の運命や如何にっ…です。

去年の春にベビ子が誕生して早くも年末。。。

ベビ子は産まれて初めてのクリスマス★
ベビ子も一緒にクリスマス気分が味わえるように
まずは衣装を調達しました~

赤ちゃん本舗にてロンパースのサンタさんの衣装を見つけて迷わず購入♫
来年は確実に着れないけど千円でリーズナブルだったし^^

食事に関しては、まだまだ離乳食なので
ブロッコリーを細かく刻んでクリームシチューにした上に
星型にくり抜いた茹でた人参でデコレーション★★

見た目にもクリスマスっぽい感じになりました

ケーキはまだ食べられないので苺とみかんをヨーグルトの上にデコって
ケーキっぽい感じに…
パンケーキが上手く食べられれば、ヨーグルトとフルーツをサンドして
見た目にもケーキにできたんだけど…
この頃はパン系はまだあまり好きじゃなかったのでやめときましたww

クリスマスツリーは迷った挙句、
1歳以降でいいかな~という事で今年は流れました。
夫の実家では毎年ツリーを飾りプレゼントを靴下に入れる、夢あふれる洋風な家庭だったんですが、
私の実家はNONツリー、NONサンタでプレゼントは無しで、とりあえずケーキのみ食べるという感じでした^^;ははは

私がツリーが無い事にさほど抵抗はなかった家庭で育ってるので、
我が家にツリーがやってくるか否かは、夫の努力次第かも(笑)

クリスマス当日はベビ子にサンタさんになってもらい
我が家では撮影大会状態でしたw
実家にも別日にサンタベビ子を連れてって撮影会♫

赤ちゃんのサンタ姿はたまらないですね~ 
今年、赤ちゃん誕生予定の方は是非是非
サンタコスプレの撮影会を楽しんでみてはいかがでしょうか

ちなみにサプライズで夫から突然、私用のチューブトップのサンタ衣装を渡されて
困りつつも衣装を着て一緒に楽しんでましたw

病児保育登録 そして初めて風邪を引く

復帰に向けて不安になったのが、子供が病気になっても仕事が休めない時の預け先について

実家が常に預かれる体制なら必要ないかと思いますが、
我が家は両親ともまだ働いている状況なので、預け先確保は必須項目でした。

保育園では感染症にかかったり、お熱37.5以上出ると預けられないので
そんな困った時でも安心して預けれられる施設が、「病児保育」

病院が経営されてる病児保育が家の近所にあったので、
早速利用方法をネットで検索!

ふむふむ、事前登録が必要という事なので、
電話をして伺っても良いか確認をした後、ベビ子を連れて登録へレッツゴー!

提出用書類はネットにある物をダウンロード、印刷して記入しておけば
登録自体はかなりスムーズに!
やはり病児保育ということだけに、病気の子供たちが居るので
なるべく病気を貰わないように、手続きは早めに済むように事前準備をする事をオススメします。

この登録を済ませておくと、利用したい時は
まず利用したい日に空きがあるか確認。
病院にかかる前だと、どんな病気なのか確定できないので、
空いてても内容次第では預けられない事も・・・
基本的に、子供の病状に合わせて部屋が分けられてるようなので
そのへんの人数や部屋数のキャパが関係あるそうです。

病気を見てもらった病院に書類に記入してもらい(この時に病名も確定)、
利用する日を予約。 当日でも空いてたら預けられるので急ぎであれば、確認してみてもいいかもです。

それ以外に、前日からの子供の様子や、利用日数を記入した書類を揃えて
エプロンや着替え等必要な準備をしてレッツゴー。

子供が先生になれていない事もあるので、子供が好きなおもちゃも持たせてあげます。

保育園が始まって3ヶ月の間は一週間に一度は風を引いたりしてたので
かなりの頻度で病児保育を利用してました。 常連さんの一人になってたかと思います^^;
人見知りなベビ子も帰り際に保育士とハイタッチできるくらい仲良くなってました~

最大で8時から18時まで預かってもらえるので本当に助かりましたし、
病院経営なので、医師の回診もあるので安心できました。


保育園通い始めて4ヶ月目に入ってやっと病気することもなくなって
最近は病児保育はほとんど利用しなくなりましたが、
保育園の最初の頃はよく病気をもらうと思うので、お近くの病児保育を調べて登録しておいた方が
いざという時の保険になるかと思います。

ちょうど7ヶ月になった頃、赤ちゃんは免疫をつける為に
小さいうちに動物園に連れてった方が良いとの話をうけて
早速、行ってみる事にしました。

季節は10月でそろそろ涼しくなるかなぁという頃にしました。
ただでさえ赤ちゃんは汗をかきやすいので、涼しいほうが何かと助かるかなと思い。。。


なにはともあれ、出発に向けて前の晩から準備開始!
着替えは3着くらい、フェイスタオル2枚、ハンドタオル2枚、授乳ケープ
オムツ7枚、オムツ換えシート2枚、おしりふき、ストローマグ1個、ジュース3本、おやつ2袋
食事用エプロン2枚、フォーク、スプーン
これだけでカバンがパンパン^^;

いざっ初動物園でのふれあいの旅へ出発!
が、しかし、
予定してた日は夏日が帰ってきた記録的な暑さとなって
時期を調整した意味はほとんどありませんでしたww

ベビーカーで移動をするつもりだったのですが、
暑すぎて駐車場から入場するまでの間で汗だく。。。
フェイスタオルも2枚しか持ってきてなかったので、
一枚はベビーカーに敷いて、もう一枚はわれらの汗を拭うために使う事に(この時点でフェイスタオルゼロ・・・)

ここまで暑くなるとは思ってなかったので、ひんやりシートはもって来てなかった・・・

入口付近に売っていたかき氷で涼をとりながら、気を取り直して出発!

色々と動物達を見ましたが、ベビ子の反応は動物が背景の一部に映っているようで
そこまで興奮するような事はありませんでした。
唯一反応してくれたのが、像さん。
離れて見ていてもスケール感は伝わったようで。「フンフン!」と興奮してました^^
近づこうとすると泣きそうになるので、遠目で見て楽しむ感じですね^^

ただ、暑さが邪魔して長時間外を歩くことができず、
カフェへと逃げ込んで授乳したりお昼ご飯を食べたりと、
1時間くらいは外へ出られなかった気がします^^;
ベビールームが完備されている訳ではなく、
一人が座れるソファが置いてあってカーテンで仕切ってる程度の授乳室しかなく
しかも空調が弱くて、汗だくの中授乳するハメになり
私がダウン寸前でしたww

動物園なんてファミリー向けだからベビールームくらい整ってるでしょうと
思い込んでましたが、甘かったみたいです。。。
まだまだ赤ちゃん連れには過酷な環境でした><

動物園行かれる前に、ベビールームの状況は一度ちゃんと調べておいたほうが
よさそうです。

10月といっても真夏の暑さに最悪ぶつかる際は、
タオルは多めに(自分たちの分も含めて)、ひんやりシートも念のため用意したほうがいいですね。

なにより、暑い時期は避けた方が赤ちゃんもママも余裕をもって楽しめるのではと感じました。

のびサポ登録 

復帰半年前くらいから色々と動かなきゃなぁ~と思い
毎日の育児に疲れて、なかなか動きが取れなかったけど重い腰をあげてみました。ww

保育園は申し込んで後は結果を待つのみ・・・なので
小学生に上がった時の預け先を確保する為に、学童保育所について調べました。

HugPON!とKids Duoが比較的近くにあったので電話をしていざっ見学へ!

まずHugPON!は早めに動いて正解でした。
理由としては、0歳児の内でも入園予約ができるので
優先的に見学会にも招待してもらえる上、定員がいっぱいになる前に
席が確保しておける事ができました!!
これは行ってみないと分からない事だったので本当に行っておいて良かったー

多分子供が年中、年長になる頃に動こうとしても
平日は仕事を休みにくいし、その頃にはキャンセル待ちになってるかもですし。。。

ただ、一点気になったのは、
学校が終わった後は結構みんな塾や習い事に出かけてて、教室に残ってる子は
そんなに多そうじゃないなぁという点。
習い事は毎日じゃあないとは思うけど、ウチの場合、子供にはピアノくらいはさせたいなーと
思ってたくらいなので。。。

いいな~と思った所は、塾への送り迎えはサービスでやってくれるみたいなので、
安心して子供を習い事へ通わせられるのは嬉しいです。
フルタイムで働いているので、平日の習い事は諦めてたけど
HugPONなら通えそうと思いました。

季節によってはイベントも開かれてるようなので、
子供が年少さんくらいになったら参加してみようかなと思ってます!
そこで、どんな雰囲気か子供達の様子など見れたらいいなと…


その一方 Kids Duoの方も説明を聞きに行ってきました。
教室の中は見せて貰えず、窓口で説明だけ受ける形でした。

こちらのウリはネイティブの先生による英語での生活で自然と映画が身につくという所です。
お昼過ぎから夕方まで、カリキュラムも色々と用意されているようです。
小学校までお迎えはしてもらえるけど、
Hug PONみたいに、それ以外の習い事には基本送迎はしていない様子。
やはり、英語を身に付ける為に、
先生と英語でどれだけやり取りさせて貰えるかがカギになりそうですね。

こちらの園は若干お値段が高めなので、気軽に判断はできなさそうです^^;
ウチの場合、確実に週5日預ける事になるので、ソコソコ英語は身についてくれるとは思いますけど。。。

今はウェイティングリスト、いわゆるキャンセル待ちが多すぎて
キャンセル待ちの枠すら締切る状況のようです。 ものすごい人気!!
そんな状況で先生はちゃんと確保出来てるのか?大勢の生徒を少ない先生で対応させていないか
若干不安になってます。

小学校が始まるまではまだまだ先だから~とは思っていますが、
きっと子供の成長はあっという間に過ぎてしまうんだろうなと思いつつ、
育休中に2つの園の見学へ行ってきました~
説明の間ずっと抱っこしてたけど、ベビ子はグズらずイイ子にしててくれてたので感謝感謝★

育休が取れてる方はもし時間があれば、学童保育についても情報収集してみるのをオススメします。

↑このページのトップヘ