ノンストップ育児★働くママの 呟き

晩婚&アラフォーの働くママが初めての育児に奮闘して感じた事、経験して気づいた事を備忘録として日記にしました。 そのうち育児絵日記にして行けたらと思っています^^/

いよいよ始まります。フルタイム保育園生活が…

とはいえ、最初の3週間は慣らし保育期間で
特に最初の数日間は1時間からお昼ご飯までしか預かってくれないです。。。
我が家の対応としては、私の親がその間だけ休みをとってくれたので
慣らし保育期間は親を頼らせてもらいました。
なので、職場復帰スタートからフルタイム働けることができました。。。ほっ…

朝はパパが送ってくれて、お迎えはじいじ、ばあばという生活が
3週間ほど続きました。
なんだか私だけ楽させてもらって申し訳ない気持ちでしたが、
頼れる家族がそばに居るって改めて嬉しく感じました。

さっちゃんは、というと
予想通り、最初の週はほぼほぼ泣き続けていたみたいで
朝のおやつも食べられず。。。という状態でした。
元々、警戒心が強い方なので環境と人に慣れなきゃいけないので
相当ストレスになってるかと思います。
私でも、見知らぬ場所に一人だけ置いていかれて
知らない人達に囲まれて同じ事をしないといけないって・・・
かなりストレス感じてしまいます。。。
そんなに、社交的な性格でもないのでね・・・^^;

これが、我が子を預ける時に感じる後ろ髪引かれる気持ちという
やつですね。。。
我が家の場合はそれはパパが担ってくれていますが。

その分、帰ってきたあとは私がしっかり甘えられる様に相手をしていました。

最初の1週間頑張った後、早速お熱が出てしまって
数日お休みをするとまたリセットがかかってしまって
預けた途端にギャン泣き・・・OTL

そんなこんなでトータルで3週間かかってしまった感じです。
子供の性格は人それぞれなので、そんなにかからずに慣れてしまう子も中にはいますが
さっちゃんはゆっくりと慣らしてあげたかったので、
結果的にはよかったです。

でも、これが出来たのも親や家族の助けがあったからこそだと
思っています。

フルタイムになると、どうしても19時近くにお迎えになってしまうけど
生活の為と働いていたい限りは頑張るしかない!!と、産む前から決めていました。
この辺はみなそれぞれ考え方があると思います。

私の場合、育休の時に毎日子供のそばに居られて幸せと思いながらも
毎日夜遅くまでパパを待つ生活を送ってみて、やっぱり外で働いている時間が欲しいと思ったので
私が働けるようにパパにも協力してもらっています。
幸いにもパパも私には働きたいなら協力すると言ってくれているので、まだ気が楽です。

まだ1歳児だからそこまで自我が出ていないけれど、
もしもこの先、ママとの時間がもっと沢山必要になりそうならば
働き方は考えるつもりではいます。

今は、新しい生活に慣れる事を一番に考えて
頑張っている感じです。

育休も残すところあとわずかになった頃、
重い腰をあげて(笑)、本格的に入園準備に取り掛かりました。

まずは、エプロン。
保育園では、タオルにゴムを通したエプロンを推奨していたので
Seriaとダイソーでフェイスタオルを15枚程購入~。
デザイン的にはSeriaの方が好みでした^^
水玉模様とか色とか割と選んで買えました。
ダイソーはシンプルなデザインだけど、タオル生地が厚くてSeriaよりもしっかりした
手触りでした。
使い始めて半年経つけど、糸のほつれはダイソーのタオルは少ないですね。
ただし、ゴムはこの半年間の間で3回くらいは交換してます。
自分でエプロンをつけたり脱いだりするので、その際にビヨーーーン!と思いっきり
引っ張ったりするのでね・・・^^;

洗濯が続けて出来ない時は3日目にはもう残り少なくなっちゃうので
予備分入れて20枚くらいは作っちゃっても良いかと思います。どうせいつか変えなきゃいけないし。。。
そういえば半年使ったし、そろそろ変えようかな・・・と思いつつ
元々、お裁縫は得意じゃないから延ばし延ばしになりそう^^;


次に服。
Tシャツ、パンツ、肌着が全然足りないので買い足しました。
肌着はUNIQLOにて、タンクトップとキャミをそれぞれゲット!
3枚セットだったので3セット程購入~。
Tシャツ&パンツは西松屋にて購入^^
安くてデザインも色々あって、長持ちはしなさそうだけど
そもそもすぐにサイズも変わっていくし、割り切りも大事!と思って買いましたww


次に、通園バッグ。
まだ1歳児なのでそんなに必要ない感じですね。
月一に絵本を持ち帰る程度。
私の母がいくつかバッグを買ってくれたので、家に未使用のバッグが積まれてます^^;
ほんとに普通のバッグが1個とプール用のビニールバッグ1個があれば十分でした。


あとは、名前をどう記入するかで悩みましたが・・・
ネットで名前のシールを作って、アイロンで貼り付けた方が
何回も洗うものだしマジックで書くようりは長持ちするかなぁと思い、ネットで注文♫

サイズが大から小揃っていたので、
貼り付けるサイズに合わせて、カバンや服の上下とエプロンに貼り付けて完成!

オムツはマジックで毎回頑張って記入してますww
ハンコにするのも考えたけど、、、ちなみに私が記入するとひらがなで、
パパが記入するとカタカナになります。。。何故だか分からないけどw


そういえば、おてふき用のハンドタオルは私のミニタオルで代用しましたー
使わないのに無駄に沢山引き出しにしまってあったので、
日の目が見れて良かった( ´ ω ` )

私が入園直前になってパタパタと用意した物はこんな感じでした。

自分も職場復帰に向けて、過去の仕事内容とか色々整理整頓してたので
もっとゆとりを持って行動しておけば良かった・・・><
ちょうど復帰するひと月前に突発性で入院や、私自身も風邪をこじらせて熱を出したりで
予期せぬイベントが立て続けに起きたから余計に・・・

熱性痙攣のあと、まだお熱が下がらないので小児科へ行ってきました。
時期は5月初めでしたが念のためという事でインフルエンザの検査をする事に、

検査結果を待ってると診察室では無く別の小部屋へ呼ばれ
(ん??まさか隔離ってことは・・・)

そう、インフルエンザでした~><
でももう治りかけだそうで、うっすらと陽性反応が出てたそうです。
なるほど、あの40℃を超える高熱もインフルだったからなのね。。。

そして、なんだかんだでお熱が出て5日は経過してたのと
肺炎や気管支炎を併発していたみたい。
お薬と家での治療でもよくはなっていくけど時間はかかるだろうと、
入院して治療に専念したらもう少し早く治るとの事、、、

仕事のある今は迷わず後者の入院を選択。
家でダラダラ治るのを待つよりは、なるべく早めに治って欲しいから。
それに鼻水が詰まりすぎてて家では上手く吸い出せない状況でもあったから
病院でいつでもスッキリと吸い出して貰える環境がありがたいので。。。

入院期間は4日くらいだと思うけど
さすがに4日も会社をお休みできないので、日中は親に都合をつけてもらって
病院に来てもらい、会社終わったら翌日の用意をして病院で見てくれてる親とバトンタッチ!
そのまま翌日の朝まで病院でお泊り。

という生活が3泊4続いた時は、結構しんどかったです^^;
でも、それ以上に日中の長い時間さっちゃんとあの狭いベッドで一緒に居なきゃいけないので
親には大変な思いをさせてしまいました。もう還暦越えたおばあちゃんなので。。。

夜は夜で詰まった鼻水を吸出しに来てくれるので
その度にさっちゃんギャン泣き>< スッキリするとはいえ吸われてる最中は痛いよね。。。
時々、鼻水に血も混じってたし。

とはいえ、この入院生活のおかげでなんとか鼻も多少通るようになったし
お熱も平熱まで下がったし。 よかったよかった( ´ ω ` )

最初の入院から約2ヶ月後にまた入院する事になるとは思わなかったけど
周りの人達に助けてもらったおかげでなんとか仕事しながらも乗り越えられた感じ♫感謝!

それから3ヶ月後は、ひと月の間に一度もお熱を出すこともなく
しっかり保育園に通えるようになりました!

じいじ、ばあばは、お熱が長引く度に預かってくれたりしてたので
前ほどさっちゃんになかなか会えなくて寂しがってましたが…^^;

↑このページのトップヘ